FC2ブログ
2007年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2007'01.31 (Wed)

演劇誌

やっと2誌GETしました(^^)。

Look~ お祝いメッセージ、光ちゃんらしくていいですね!ほっこりしました。光ちゃんの書く文字も好きです(^^)。どのお写真も素敵です。舞台を思い出します。ヘルメットコウイチさん。ステージフォトでは、私が行った時はまだ発売されていなかったので、ここで見れて嬉しいです。P5のジャングルロープのショットが~~キャーー!(^^)。P11の下からのアングルがすごく素敵!大好き~(ハート)。

インタビューも読み応えありました。Endless SHOCKへの思いがすごく感じられました。本当に好きなんだな~というのも。自分の事だけでなく、周りの方々の大変さも自然に伝えてくれていますよね。今回の2階席へのフライングは、光ちゃんが以前から提案していたことだったんですね@@!口説き落とした…な~んて!ドキッとしますよ~←違いますから(^^)。やはりこれはスタッフさんとの信頼関係が本当にしっかりしていないと、いくら本人がやりたいと言っても絶対にできないことだったと思うのです。それを口説き落とした光ちゃんは本当にすごいし、スタッフさんも本当のプロだと思いました。すべてにおいて、舞台に関わる人たち全員が、同じ方向を向いて同じものを目指して同じ気持ちで作り上げている舞台なんですね。だから何度でも観たくなる舞台なんですね。

何度でも観たい!と思っても実際には無理なことが多くてかなり難しいことで、それはとても辛いことですが…でも一度きりの観劇でも、その1回を全力で素晴らしい舞台を見せてくれるカンパニーのみなさんに心から感謝の思い・拍手を送りたいです。

光ちゃんのインタビューを読むと、背筋がピン!となり気持ちが引き締まる気がします。そして自分も、恥ずかしくないように頑張らないといけないな!と改めて思い起こしてくれるような気がします。光ちゃんファンで良かった…と心から思います。

Top~ こちらのお写真もどれも素敵です。ヘルメットコウイチさんがこちらにも(嬉)。大桜のシーンが…(涙)胸を締め付けられるようでした(涙)。インタビューはありませんでしたが、記事のラストで書いて下さっていることがとても嬉しかったです。どんなに技が進化しても決して「狙いすぎ」という印象にはならない。それは、彼らが技のすごさだけを見せるのではなく、「もっともっと観客を楽しませたい」というシンプルな思いで舞台に向かっているからなのだろう。全出演者のエンターティナーとしての澄んだスピリッツを今回の公演でも強く感じた。と。…たくさんの臨場感溢れる素敵な写真を見て、私が観た舞台を思い出しながら、この言葉を読んで、また感動し、すごく嬉しくて泣きそうになりました。本当に楽しい素晴らしい舞台Endless SHOCKでした♪
12:54  |  雑誌  |  CM(4)  |  EDIT   このページの上へ
 | HOME |