FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2010'03.07 (Sun)

SHOCK 2/25(木) 13:00 Vol.4

2/25(木) 13:00公演 Vol.4

今日は、えーーーーッ!けいこさん、思い切りましたね~なお話です(何?笑)。


【More・・・】



********

今回の観劇ですが、私的に絶対にありえなーーい!と思っていたことをやっちゃいました。

…というのは、実は今回の観劇は私の主人と一緒でした。
ね~びっくりでしょう?(笑)

昨年末に退職した主人が、一度SHOCKを観てみたい~と言っていて、ちょうどいい機会かな?と思いまして一大決心をいたしました(^^;)。
SHOCKを実際に生で観ると、私が毎年行きたい気持ち、何回も観たくなる気持ちを少しはわかってくれるかもしれないな~と思ったのです。
逆パターンのことは無い!と自信もありましたしね(^^)。
主人と光ちゃんの舞台を観ることなどまったく思ってもいなかったんですけど…。スマップや嵐のコンサートには一緒に行ったことがありますが、光ちゃんのは初めてです。

主人との観劇に少々緊張しつつ…あまり「光ちゃん~光ちゃん~」という愛しい気持ちを表すのもちょっと気が引けるし(笑)…という超微妙な感じだったのですが、でもそうだったからこそ、純粋に気持ち的に楽にSHOCKを楽しめたのかもしれませんね。
でも主人が隣にいても、観劇中も観劇後も”光ちゃん~大好き”という気持ちはさらに大きくなりました(^^)。我ながらすごい!(^^)(ずうずうしい…かな?^^)

平日のお昼公演なので男性はあまりいないかな?と思っていたのですが、何人かの男性をお見かけしてほっとしました。席も2階のXB列の端っこでお隣がいなかったので気を使わずに見れて良かったようでした。周りは女性ばかりでしたけど、あの一角は少人数ですから気楽だったようです。

その主人ですが、観劇中一生懸命見入っていて楽しんでました。
アドリブなど楽しい場面では笑ってましたよ。終わってから、楽しかった!フライングや階段落ち、ダンスなど、あれを毎日やっていてすごいと感心しきりでした。
2階席に降り立つところでは、あの真正面にいる人たちは間近に見れるんだろうね、と言ったり、ラダーフライングがとても印象的だったようでした。
光ちゃんやはしごにいる女性(Gロケさんですね)はどうやってそこに来たのか?とか、いろいろと興味津々でした。
実は主人、右手を怪我していて拍手ができなかったのですが、最後の方ではできない拍手をしようとして手を合わせていました。それにはちょっと感激しましたよ。そして最後にも、スタンディングオベーションでできない手で拍手しようとしていました。きっと舞台の光ちゃんやカンパニーのみなさんへの気持ちだったんだと思います。音はでない拍手でしたが、舞台上のみなさんに届きましたよね(^^)。
とても楽しんでいた主人。また見たいと思っているようにもみえました。
私が毎年SHOCKに行きたい気持ちもわかってくれたと思います。思いたいですね(^^)。

そういえば、10年間SHOCKが上演されていることから、10年全部見に来たのか?と聞かれて、最初の1年目は見ていないけれどその後はおかげさまで毎年見に来させてもらってます、と答えると、そうか~とびっくりしたような感じでした。
いや、毎年行かせてもらってたよ~!と思ったのですが、主人にしてみたらよくわかってなかったのでしょうかね?(笑) 
ま、そのほうがいいですけど~覚えていられると正直困りますからね~(爆)

ところで、観劇後に、無事終わりましたメールを友人たちにしようと思って携帯を見たら、友人から”帝劇前にいます~会いにきました~”メールが届いていてびっくり!(^^)
なんと!ちょうど近くにお買い物に来ていた友人が会いに来てくれたのです。
もうもう!すっごく嬉しかったです(^^)。
SHOCKがとても良かったこと、楽しかったこと、新曲がめちゃくちゃかっこいいこと、素敵な光ちゃんだったこと…今の興奮を光ちゃんファンの人に話したい!誰かに聞いてほしい!という気持ちだったんですよね。主人に話すわけにもいかないですもんねぇ…(^^;)
友人の顔見たとたんに喋り捲りましたよ(笑)。少しの時間でしたが、いろいろお話できて良かった~嬉しかったです。できればずっと話していた気持ちでしたが、また今度ソロコンでね~と約束をして帝劇前を後にしました。(ありがとう~♪~)

そんなこんなで、一大決心の観劇でしたが、とても楽しかったです(^^)

光ちゃん~大好き♪
20:36  |  '10/2・3月 Endless SHOCK  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

 | HOME |