FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2010'06.10 (Thu)

6月9日(水)どヤ!

6月9日(水)どヤ!です。

********

はい、堂本光一で~す。 まずはランキングに関するお話から。
gooランキングが調査した、え~回転寿司で2皿目も食べたくなるすし寿司ネタランキング。
3位、サーモン。2位、中トロ。 
そして1位が、マグロという結果になったそうですね。
他には、10位、うに。8位がエンガワ。5位、ネギトロ、
4位、炙りサーモンなどが選ばれた。
サーモン、人気なんですねぇ。
あの~大阪でキンキのコンサート行った時、え~っと、MADの子かな?SHOCKに出てる子たちではないMADの子たち…かな?が、まぁ、みんなで寿司屋に行ったんですけど、サーモンにすごいテンション上がってるのを見て、そんなにみんな好きなんかなぁと思って、うん。
俺はあんまり、そんなにサーモン、テンション上がらへんなぁ~。
俺はねぇ、まぁ昔から言っているように、イカとタコさえあればもう充分なんでぇ。
マグロもたいして… マグロってちょっと血っぽい味するやん、鉄っぽい…
うん~ま、おいしいのはおいしいけどね。おいしいと思いますよ。
いえいえ~マグロもね、なんか問題になってましたよね?
それはまぁ大丈夫になったんでしょう?
日本人にとっては良かったねってアレですけどもね。
寿司、たま~に名に食いたくなる時ありますよね、ええ。
ああ~俺、スシ王子やったなぁ~そういえば。 (スタッフ:笑)
フッハハハ~(笑) うん~ 今思い出したわ、今。
はい、きんききっず、どんなもんや、はじめましょう。

光一のオレファーン
香川県のパンちゃんパンチさん
「めっちゃ初歩的な質問なんですが、わからないので送ってみました。F1ドライバーの人って、ドリフトも得意なんですか?気になったので回答お願いします」

人、それぞれやん。 (スタッフ:笑) 
まぁあの~、F1のマシンっていうのは、ドリフトをする車ではないので、あの~ドリフトをしてしまうと逆にタイムは落ちます。
あの~たとえば、あの~、ラリーだとか?ああいうのは、ドリフト使わないとタイムが出ない場合もあるでしょうけど、F1では違うんですね。
F1でドリフトをしてしまう行動、行為っていうのは、その時点でタイムが落ちてしまいます。
ええ~要するに、ドリフトっていうのは、前に行こうとする車の、要するに、力ですね。
それが横に逃がしてしまうことになりますよね。
その時点で、あの~、矛先が違ってしまうので、F1のマシンではそういう動きはさせません!
ただ若干、スライドさせることはありますよ、うん。
そういう場合もありますけど、基本的にドリフトって行為はしないですね。
でも、やれっつったら、みんな、F1のドライバー、みんなぜんぜん余裕でできるでしょうね。
たとえば、あの~、スピンターンとかもそうですし、あの~普通に曲がったら曲がりきれないときに、コースアウトしてしまったら、その場でグルッと回って戻ったりとか、っていうのはね、ぜんぜん普通にしますし。
うん~まぁ、やれって言われたら、みんなやるでしょうけど。
得意かどうかっていうと、別にそんなに得意ではないんじゃないでしょうかね。
はい、よく勘違いする人で、ドリフト、イコール、速えぇ、みたいな、まぁ派手だしね、見え方も。
ぜんぜんそういうわけではないんですね、
ドリフトは逆にタイムを落とす行為にもなるということですね。
ねぇ~まぁ、だからカテゴリーの違いですよ。F1ではそういう行為はしません。
はい、というわけで、F1に関する質問や感想待ってます。
歌 「LOVE SICK」

お別れショートポエム
今日は埼玉県のういさんからのポエムです。
「友達に ”わたしのおとうさんは、はきもしないのにいまだに、ケミカルウオッシュのデニムを持っている”と言ったら、”うちのおとうさんは、おかあさんがこっそり捨てたのをわざわざゴミ箱から拾ってきてはいてるよ”と言い返された。上には上がいるもんだと思った」

ケミカルウオッシュ…
ケミカルウオッシュ、っていうものが、ちょっとイマイチよく、俺はわからないので、どうとも話ができないんですけども。
うん~ ケミカルウオッシュのデニム…
ねっ、ま、なんか、オタクちゃんみたいな人がはいてそうなヤツってことでしょう?
うん~ いいじゃないですか、はきたいんやから、はかしとけ! (スタッフ:笑)
ねっ、はい、さよならぁ~~~

********
19:50  |  ラジオ  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

 | HOME |