FC2ブログ
2019年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2011'03.07 (Mon)

3/5 (土) 13:00 & 18:00

少し肌寒い雨上がりの朝。
今日はお天気になるかな?
あ~だんんだん晴れて来ました。洗濯物が山のようにあるから乾きそうで嬉しいな!

5日土曜日の昼夜2公演を観劇して帰りました。
2公演ともとてもとても素晴らしいショーでした♪
とーーっても楽しかった♪
光ちゃん大好きがますます大きくなり、SHOCK大好きを再確認しました。

光ちゃん、とても元気でしたよ♪
あれだけの舞台を毎日やっているのだから多少の疲れは見えましたが、でもそれ以上に楽しそうで充実した表情の光ちゃんでした。
キラッキラに輝いていましたよ♪
2階席の降り立つ時も、本当に綺麗に、バーにさわることもなく本当に綺麗に立っていました。


レポではなく感想です。
続きからどうぞ~

【More・・・】



********

思い出すまま順番など気にせずに書きます(^^;)

FC当落確認時、3月公演の申し込みが外れてしまって行くことができない…とかなり落ち込んでいた時に、お友達から、一緒に行きませんか?とメールをいただきました。
もうね、涙が出るほど嬉しくてすぐ、ご一緒させてください~と返事をしていました。
も~さん♪本当にありがとうございました♪
そして、一般発売の当日電話で必死になって頑張ったら…なんと!奇跡的に繋がって夜公演のチケットを取る事ができました。

2月はじめの観劇した時に、私の中で残念なことが多くてSHOCKという舞台をちゃんと受け止めることができなくて消化不良のまま気持ちを帝劇に残したまま帰って来ていたので、その忘れ物…みたいなものを取りに行かせてくれたのかな?って思っています。
この観劇でその忘れ物をしっかりと受け取って、自分の中で完全に消化して帰ることができました。

お友達からいただいたお席が、1階前方のド真ん中。
センター席は本当に久しぶりで、たぶん5年ぶりくらいだと思います。
いつも端っこばかりだったんですよね。
しかもこんなに前の席のセンターは初めての経験です。
もう緊張!緊張!ドキドキがマックスでした。
もちろん、帝劇はどこのお席でも見やすいし、その席の楽しみ方があるんですけどね。
やっぱり近くで光ちゃんを観たい~♪~というファン心です(^^)

この日は、お友達と一緒に観劇できて、そして偶然同じ公演を申し込んでいた仲良しのお友達と会うこともできたし、偶然見つけてくださったお友達とも再会ができて(昼夜ともに見つけてくださった~)嬉しかったです。
と~さん♪ へ~さん♪ ありがとうございました♪




【 3/5 (土) 13:00 & 18:00 】

昼夜ともに荷物チェックなしです。
チェックなしで入れたのは久しぶりだったかも?

座長分け、おでこ出し光ちゃんでした。
前髪かなり長くなっていましたが、切らないのは何かわけでもあるのかな?
でこ出し光ちゃん、大好きです♪

光ちゃん、元気でした。
2月の観劇時(初日の次の日~)のほうがちょっとお疲れだったように思いました。
実際には1ヶ月経って、疲れもたまって来ていると思うのですが、幸せな日々とお客様の拍手が光ちゃんを元気にしているのかなって思いました。

昼のラスト、ステージに皆が集まる時に、植草さんと何か話して大きく笑っていて、すぐ後内くんとも何か話していて、内くんもすごく笑ってました。
何を話していたのでしょうね?あの会話をちょっと聞いてみたいな♪
夜も二人と、ひとことふたこと笑顔で話していました。
光ちゃん、昼も夜も最後、満面の笑顔で終わりました♪
この笑顔が宝物です♪

カーテンコールの挨拶。
昼公演では、SHOCKも折り返しになりました、と言っていました。
夜公演では少し長く話してくれたのですが、
誰かが自分のためではなく、誰かが誰かの為に、もちろんお客様のためにも、頑張るという素敵なカンパニーで、その中で先頭でステージに立たせていただけることが幸せです。
何よりもこういったお客様の拍手がとても心強い力になっています。
千穐楽までカンパニー全員で支え合って全力で千穐楽まで走り抜けたいと思います
本日は本当にありがとうございました。と挨拶してくれました。

2公演とも、このようなニュアンスで言っていました。
3月1日に帝劇設立100周年の記念日を迎えましたが、素晴らしい先輩方か築いて来られたこの帝劇のステージに、SHOCKという演目でまさにその日に立たせていただけたことを光栄に思います。
この劇場に恥じることのないものを毎日お客様にお届けしなくてはいけないという思いで毎日ステージに立っています。
その責任を強く感じながら一公演一公演を大事にやらせていただいています。

「大事に」という言葉を力を込めて言っていた光ちゃんでした。
SHOCKカンパニーと舞台に立てることが「幸せ」と2公演とも言っていました。
本当に幸せそうで充実した表情でした。
「誰かが自分のためではなく、誰かが誰かの為に、もちろんお客様のためにも、頑張るという素敵なカンパニー」という言葉を聞いて、感動でした。

この帝劇100周年記念公演として恥じない舞台を、と、いい意味でのプレッシャーを自分自身に感じながら初日からカンパニー全員で毎日走り続けているんだろうなって思いました。

思いっきり大きく拍手して光ちゃんにありがとう~の気持ちと大好きパワーを送って来ました。

今回の席では、表情がとてもよく見えたので、すごく嬉しかったです。
真ん中だったので、目の前に光ちゃんがいて、黒い瞳がキラッキラで本当に輝いていました。
ステージで輝くキラキラオーラ全開でした。
とーーってもカッコイイ光ちゃん。可愛い光ちゃん。
私のために歌って踊ってお芝居してくれている?って、超勘違いです(笑)
全体では光ちゃんの視線は上にあるんですが、目線を少し下げるシーンがあったと思うんですが、目が合っちゃった~とか思っちゃったりして。あぁ~勘違い!(笑)
お友達と二人、もうもう完全にハート射抜かれてメロメロになりました♪

パーカッションの時の飛び散る汗がキラキラ輝いていました。
持ち上げて叩く太鼓、昼は15回。夜は14回(だったと思うのですが)どちらも力強かったです。
大太鼓から始まるパーカッションは圧巻ですね。
すごく力強さが感じられました。

復活したコウイチは本当に嬉しそうにダンスをしていました。

フライングは真上を飛ぶし、それはそれは綺麗なフライングでした。
靴の底(裏)を見れたし、貴重な体験でしたね。
赤いシルクフライングは、本当に手が届きそうなくらいの距離で飛んでいました。
赤い布に手を伸ばせば届きそうでしたよ。(もちろんそんなことはしません)

衝撃だったのが…1幕終わりの血まみれのコウイチの顔が目の前にあって…胸が締め付けられました。
そして、コウイチが奈落に消えていったあと…いつもはすぐトイレに立つのですが、昼は目の前の血まみれのコウイチの顔に圧倒されてすぐ立てなくて、そうしていたら、NHK密着で聞いたあの呻き声が生々しく大きく聞こえてきてびっくりしてしまいました。
なんだかわからないけれど涙があとから後からあふれてきて、立てなくなってしまって固まってしまいました。
本当にしばらくの間、立てなかったです。
二人で涙流しながらやっとの思いでトイレに行きました。
終わって席に着いたのが2幕始まりにギリギリになりました(^^;)

あ!開演前に、スクリーンに飛ぶ飛行機を確認できました。
SHOCKのSの文字のあたりからゆっくりとKの方向に飛行して行きます。

殺陣の迫力は本当に凄かったです。怖いくらいでした。
夜公演は、昼と同じくらいの列で上手端っこあたりだったのですが、殺陣の時に上手壁内でドラムを叩く石川さんのドラムの迫力ある音がダイレクトに聞こえてきて鳥肌でした。
他のシーンでも生バンドさんの演奏の音もとてもよく聞こえて来ました。

夜の海の力強さと儚さは圧巻ですね。


前方席だと群舞や全体が見えないので、もう光ちゃんだけしか見えていませんでした。
ずっと光ちゃんを追ってました。
キレのあるダンス。
ソリタリ~のダンスの腰。
楽しい場面では本当に楽しそうに満面の笑顔で。
真剣なシーンではキリッと見据える目は怖いくらい。
フライングを始める時のキリッとした目、真剣な表情、大好き♪
キツそうな表情もしますが、それもまた光ちゃんです。
すべてをひっくるめて、光ちゃんが大好き♪

フライングは真上を飛ぶのですが、光ちゃんを追っていると首をぐるっと回す感じになってしまって首をねじりそうになってしまって、ねじれる前に首を回して追うのをやめました。
最初に空中にいるコウイチの足元の台(?)は本当に小さいんですね。
真上ちょっと前方だったのですが、あんなに小さな台に乗っているんだ・・って改めて思いました。
ラダーフライングは前方のはしごが真上ちょっと後ろあたりなのですが、どのシーンも綺麗に渡れていました。
2階席に降り立つシーンはかなりドキドキで見ていましたが、(真後ろになります)、2公演とも手すりにさわることもなく綺麗に本当に綺麗に降り立ちました。
4日夜にはアクシデントがあったと聞いていて心配だったのですが、本当に綺麗にできていてホッと安心しました。
心配などなく観劇したほうがいいんですけど、やっぱりね…無事を自分の目で確認するとやはり安心しますね。

ラダーの時、ステージではしごの先端に乗ってそのはしごが客席にせり出して平行になるところありますよね。
その時、コウイチが本当に近くでドキッ!としてしまいました。
しっかりとはしごとコウイチを支えるカンパニーの方々にも感動でした。

ジャングルのイリュージョンですが、どれが本物のコウイチなのか見失っちゃいました(^^;)。
ダミーさんがたくさんいる?そんなわけないよねぇ?
なんかそういうところも面白かったです。

ずっと引きずっていたリカですが…良くなっていると感じました。
ダンスはまだまだでしょうし、ロミジュリの演技はどうしても好きになれなかったのですが、カンパニーにも溶け込んでいて良くなっていました。
ただ、声がキンキン声になってしまうところが好きではないんですよね(^^;)
声質によるものなのかな?これはもう好みでしょうね。

オーナーですが、アドリブもそれほどの暴走はなくてホッとしました。
が、昼でしたっけ?下品なネタをやっていたので、それはちょっと…と嫌な気持ちになりました。
そして、リカとの蝿たたきのシーンはやっぱりいらないと思うんですよね(^^;)
次のタップ曲がかっこいいだけに、自然に女性ダンサーさんたちに混じって出てきてそのまま始めたらいいのに、なんてことを思ったりもしました。

屋上のシーンは、お呼び出しを~ぴんぽんぱんぽーん~とやって、コウイチも、ぴんぽんぱんぽーんって低く返していました。
オーナー、ち・よ・こ・れ・い・とって夜だったかな?やってました。
このくらいがいい感じに思えました。
ここも汚い酔っ払いには絶対にしてほしくないシーンです。

屋上の下を帰るMAD4人のシーンですが、夜昼ともに少年隊さんの曲ネタでした。
昼は何の曲でしたっけ?忘れました(^^;)
夜は、でかいメロン、デカメロン~って歌いながら帰って行きました。
あとで植草さん、意味が違うんだけどな~って笑ってました。

本当に昼夜ともにみんなの表情がよく見えたので、こんな表情だったんだ…って思うシーンばかりでした。
みんな素敵に輝いていて、いろんなシーンで感動でした。

これで今回のSHOCKの観劇は終わりました。
3月後半もできたら観たい!と強く思っていたのですが、この2公演観劇できて、とてもとても楽しくて、光ちゃんをSHOCKを満喫したので、もうこれできっぱりと終われると思いました。
もちろん、何度でも観たい、光ちゃんに会いたい!と思う気持ちは大きいですが、でもどこかでセーブしないとね、まだまだ先は長いのだから(^^)

2月観劇後に、楽しかった…と、光ちゃんを含めてですが(^^;)正直なところ言えなかったのです。
でも今回観てそれを払いのけてくれて、
心から、楽しかった♪いいショーだった♪素晴らしかった♪と思えました。

正直なことを言っちゃうと、光ちゃんのキラキラな輝きも初見の時には本当に申し訳ないんだけど、あれ?こんなだっけ?って思うところがあったんですよね(^^;)
でも今回は、本当にキラキラ輝いている光ちゃんが観れて感じられて、ますます大好き!になっちゃいました。
何回惚れ直すんだろうね~って友達とも話しました。

気持ちを残すことなく終えることができて本当に良かったなって今思ってます。
誘ってくださったお友達に感謝です。
まわりのみんなに感謝です。
一般で幸運を授けてくださったチケットの神様に感謝です。
素晴らしい舞台を魅せてくれた光ちゃんとSHOCKカンパニーのみなさんに感謝です。

本当に本当に本当にありがとうございました♪

千穐楽まで光一座長はじめ、カンパニー全員で全力で千穐楽まで走り抜けてください。
毎日毎日帝劇に思いを送ります☆

SHOCKは折り返しを過ぎましたがまだまだ続きます。
私は思いを帝劇に送りながら、明後日のBPMツアーDVDを楽しみにしています♪

あ!そうそう~原宿駅構内のJEの看板がもしかしたらBPMかしら?と気になって、帰る新幹線まで時間があったので、山手線を1周しながら(笑)、原宿駅で座っていた車両がちょうどその看板の前に止まって見たら、なんと!NYCくんたちの同日発売のCDの看板でした。
あ~残念!同じ日発売で後輩くんたちの宣伝になってた…可愛い3人の笑顔。
BPMではなかったのは残念でしたが、自分の目で確認できてよかったです。
山手線1周はほぼ1時間くらいかかることもわかったし(笑)
いろいろ楽しい上京でした♪

ほんとーに長く書いちゃいました(^^;)
ホントはもっともっと書きたいのですが、思いがあふれすぎて言葉にならない…そんな感じです。

また次に光ちゃんに会える日を楽しみにこれからまた頑張ります(^^)
光ちゃんから元気と幸せをたくさんもらったから頑張れます。

大切な素敵な思い出がまた増えました♪

光ちゃん、大好き~♪~
11:43  |  2011 Endless SHOCK  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

 | HOME |