FC2ブログ
2019年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2012'01.09 (Mon)

1月7日(土) 18:00~ 初日公演 【ネタバレあり】

1月7日(土) 18:00~ 初日公演

完全ネタバレしています。

大丈夫な方だけどうぞ~

☆ コメントくださった方にお返事させていただきましたので、
   よろしくお願いします。

【More・・・】






【 1月7日(土) 18:00~ 初日公演 】

博多座は、舞台と客席がとても近いです。
ステージ先端と最前列客席の間が狭くて、
ステージが少し低く感じたのですが…どうでしょう?

私は1階の真ん中列あたりのサブセンター席でしたが、双眼鏡もいらないくらいに
表情もよく見えましたし、とても見やすかったです。
フライングの時も真上を光ちゃん、舞っていました。

2階は1階席の真ん中少し後方あたりの上が最前列になっています。
3階はやはり高いです(^^;)
立見席は、3階の最後列の背もたれの上のところと後方の壁(だったかな?)に番号が書かれています。

天井が1メートル高いそうで、フライングも迫力がすごくあります。
客席後ろの方の上空まで飛んで行きます。

生演奏はありませんでした。
両脇の壁が狭い感じがしたので、場所的にできなかったのかもしれません。

「ようこそ、博多座へ。 堂本光一です」で始まります。
あぁ、ここは博多座なんだなぁ、SHOCKが博多座で始まる、再開されるんだなぁ・・と、
感慨深いものがありました。

1幕の変更は、屋上のシーンの歌が新しくなっています。
コウイチとリカのデュエットで、歌声がすごく綺麗で素敵です。
歌詞もストーリーにリンクしていて感動です。
ホント、素敵でした。サントラ盤出してほしいです。

殺陣のラスト、奈落に堕ちません。
最後、階段のところに戻って、階段に倒れこみ、そのまま紗の幕の向こう側にいて、緞帳が下りて終わります。


********

2幕に多くの変更箇所がありました。
ハムレットの父が、下手側の壁(?)の上部にいます。
ロミジュリがなくなっています。

コウイチが帰ってくるシーン、
そろーり、そろーり、と言いながら、すり足で狂言?のように出てきて
また、そろーり、そろーり、と言いながら帰っていこうとします。
この時の声がまたかっこいい!のです。

リカに抱きつかれて、ペンギンダンスです(KARAさんのペンギンダンスですね)
可愛い(^^)

ステッキダンスの時などの衣装で、靴がロングブーツになっていました。
1幕の公園のシーンもだったかもしれません。
ブーツイン、すっごくかっこよかったです!

Watch Me!(ウチ)とWhy don't you dance with me?がなくなって、
新しい曲で歌&ダンスです。
客席通路からの登場がなくなって、ウチの後ろ側に登場します。
ウチからコウイチへ変わる・・という感じですね。
この曲がトラビスさんの振り付けですね。
歌とダンス、もうもう とーーーーってもかっこよいです。
エネルギーがものすごくあり、それがこちらにビンビン伝わってきます。
ふぉーゆー、ダンサーさんがだんだん加わっていきます。
私の席では群舞はよく見れなかったのですが、
(いえ、席ではなく、コウイチしか見ていなかったのかも?)
全体を見ると群舞も圧巻だと思います。
3階席で観れるチャンスがあるのでその時に全体を観たいと思います。
本当にかたまってしまうほどのかっこよさです。
しびれます! 
特に、ドンドンとドラム音で前に出てくるところ、すっごくかっこいい!

インタビューのシーンで、記者に扮したダンサーさん男女2名ずつが、両通路から走って?歩いて?、舞台にあがってインタビューになります。
いつもの「お腹の傷、見せてください」がなくて、女性記者さんが関係のないことばかり聞いています。
「好きな花は?」 コウイチ「押し花」
「好きな食べ物は?」 コウイチ「たこ」、など言っていました。

パーカッション対決のところで、太鼓を持ちあげてたたくシーンがなくなっていました。
この時の衣装が、白でロング、裾がひらひら~として、まるで王子さまのようで本当に本当に素敵です。

太鼓のシーンで、照明がコウイチに当たって、飛び散る汗が宝石のようにキラッキラに輝いて見えました。
1幕でもそういうキラッキラな汗を見ました。
ソリタリですね。

ラダーフライングで、2階席に降り立つ演出はないです。
最後の梯子に飛び移りができなくて、ひやっとしました。
光ちゃんは一瞬、グッと厳しい悔しい表情になりましたが、
落ち着いてふわりふわりと綺麗に綺麗に宙を舞いながら、舞台上の梯子上に降りました。

最後の大階段が低かったです。
ダンサーさんたちは舞台上に何列にもなって、後ろのほうの方たちが階段にいる感じです。

CONTINUEの歌い出しの時、声がちょっとこもった感じがしました。
その時光ちゃんが、マイクを拭くようなしぐさをして、マイクの音がガサガサッと大きな音になりました。
これが二度ほど続き、ドキッとしてしまいましたが、そのあとは大丈夫でした。
(不謹慎かもしれませんが、その汗の拭き方が、すごくかっこよかったんですよね。)
どうしたのかしら?と終わった後で友人と話したのですが、汗を拭いたのかもしれません。
確かに汗びっしょりになっていましたから。

最後出演者のみなさんが1グループずつパフォーマンスをしていくときに、
ふぉーゆーの4人の時、舞台袖からでてくるタイミングがうまくいかなかったようで、
ダンスができませんでした。
4人は、茶目っ気たっぷりに笑いを誘って、お辞儀をして、にこにこしながら手を振ったりと、彼ららしく挨拶をしていました。
場内は笑いと大きな拍手でいっぱいでした。
なんかいいな~ってほっこりになりました。

********

アドリブが少なくなっていて、私は良かったと思いました。
2幕の変更箇所などで時間が少し短くなっていましたが、
すっきりして話の流れもよくて、私は好きです。
今までで一番好きかもです(^^)

また新しいSHOCKを観れたような新鮮な感じでした。
さらに進化したSHOCK、大好きです♪

初日は、1回目のカーテンコールが終わった時点で、9時15分くらいだったと思います。
ひとりで出てきてくれて緞帳が下り終わったのが20分くらいだったかもしれません。
本編は9時過ぎに終わった感じでしょうか。
(時計を見ておけばよかったんですけど・・・^^;)

カーテンコールでは、2階席、3階席の方もスタンディングされていました。
14:01  |  2012 Endless SHOCK  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

 | HOME |