FC2ブログ
2020年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2012'04.12 (Thu)

4月11日(水)どヤ!

4月11日(水)どヤ!です。

********

はい、堂本光一です。 まずは北海道のぴよっとさん、中学3年生の方からのメールです。
「ちょっと聞いてください。今、ゲームやって休憩しているのですが、1回目のラスボスは余裕なのに、2回目の進化したラスボスが倒せません。レベルもマックスなのに。もうムカついてストレス発散しているところです。ゲーム好きの光一さん、ラスボスを簡単に倒すコツを教えてください。またはこういう時のストレス発散を教えてください」

(笑) なんのゲームかもわからへんし。 (スタッフ:笑)
倒すコツ、言われてもなぁ。 (スタッフ:笑) なんのゲームやぁ?
進化するんやろう?(スタッフ:笑)
ま、たいていラスボスって進化するよねぇ。ふっははは~(笑)
どのゲームやろうな、これ。わっからへんわぁ。
確かに負けた時は、んや!なんやねん~ってなるよね。
あぁ~レベルもマックスなんでしょう? それで勝てへんということは、もう自分が悪いとしか言いようがないなぁ。
うん~へたくちょやねん。 (スタッフ:笑)
いや、そういう場合はな、相手の動きのくせとか、パターンとか、そういうものを何回も何回もトライして読むんですよ。
所詮は相手はコンピューターなんですよ。
パターン化がだんだんわかってくるんですよ。
ま、かといって、今のゲーム、進化してるからね。
パターンって言っても意外とこうランダム要素が強くて、あの~難しくもあんねんけど。
でもだいたいこうなるやろうなっていうのを、先を読んでやるとね、なんとかなりますよ。
ねっ、頑張ってください。
こういう時のストレス発散を教えてください・・難しいなぁ。
ちょっとやめとけば。 (スタッフ:笑) ふは(笑)
それか、ね、さっき言ったように何度も何度もやる。
そうして、負けて負けて負け続けて勝てた時の喜びは、喜びはおっきいですから、
ねっ。はい、というわけで、きんききっず、どんなもんや、はじめま~す。

光一のオレファーーン
長野県のまいまいさん
「光一くん、こんばんは。タイヤは前にすすめる力を加えれば、倒れることなくまっすぐに進みますが、それはなんでですか?タイヤというか、円状のものがまっすぐに進める理由を教えてください。お願いします」

ま、円状、タイヤ、あのタイヤで言えばですよ。
あの~倒れることなくまっすぐというか、その、力を加えた方向に抵抗が一番少ない方向に向かって物は進むという、え~特性があるので、それが丸になればですね、特にそうなんですね。

力を加えた方向に対して、抵抗がない方向に進むから、それはあの~転がっていくわけですよ。
ですから、あの~このペンにしたって、トンって力を加えた方向に対して、抵抗のない方に進んでいくわけですよ。
ただそれだけ。 (スタッフ:笑)

だから、あの~ハンドルをきってタイヤが進行方向に対して曲がった時っていうのは、力っていうのは前に対して、あの~加えられているけども、でも抵抗が生まれるわけでしょ?
その抵抗の少ない方向に行こうとするから、車は曲がっていくわけでしょ。
だから円状のものっていうのは、力を加えた方向に対してまっすぐ進んでいくというわけですね。
だから不可抗力がない限りは、あの~そのまま、まっすぐ進んでいくと、いうことになる。

わかった? 説明。 わかりやすかった?
フム・・・(スタッフ:笑)
うん~ というわけで、F1や車に関するお便りお待ちしています。
歌。 「変わったかたちの石」

お別れショートポエム
今日は、東京都のしゃうたんさんからのポエムです。
「渋谷でチャラそうなティッシュ配りのお兄さんから ”俺、メンタル弱いんで・・”と、ティッシュを渡された。思わず受け取ってしまった」

受け取ってくれないと・・・っていう意味?
ふっははは~(笑) 知らんわ! (スタッフ:笑)
強うなれ!
ティッシュ配りって最近見ないね、いる?
あっそう。 あんま、見いひんなぁって気しましたけどね。
チャラそうな感じにして、メンタルが弱いっていうね。
まぁでも、そういう子、多いよね。
おい、チャラいなぁ~って感じなのに、俺、酒飲めなくて、って。(スタッフ:笑)
ふっはっはっは~(笑)
おまえ、どうみても飲む顔やろう。
いや、俺、酒飲めないん・・・
ふっははは~(笑)
はい、いるよねぇ。 はい、お相手は堂本光一でしたぁ。バイバイ。

13:43  |  ラジオ  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

 | HOME |