FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2013'07.05 (Fri)

7月3日(水)どヤ! 【後半】 

光 「さ、というわけで、え~今回出される新曲のお話を伺いたいなと思うんですけども、え~この『Dear Angie 』」
ま 「あなたは負けない」 これはですね、私自身の作詞作曲じゃなくて、えっと、杉真理(まさみち)さんっていう、えっと、”ウイスキーがお好きでしょ”って曲 知ってるかな?」
光 「はい、はい、はい」
ま 「あれを書いた人なんですけど。彼は私の大学時代のバンド仲間の先輩なんです」
光 「ええ、ええ」
ま 「彼のバンドに所属して歌ってたことが、私がこの世界に入るきっかけになったという」
光 「へぇ~!」
ま 「だからかれこれ40年近い交友関係がある先輩なんですけど。彼がすごくいいバラードを書いたので」
光 「はい」
ま 「今回、私 これ歌わせてほしいなぁということで」
光 「へぇ~」
ま 「一緒にレコーディングをして」
光 「うん」
ま 「やっぱりニュース番組のエンディングになってるんですけど」
光 「はいはい」
ま 「そんな形で。だから学生時代のバンド仲間と一緒に、そうやってあの~音楽できるっていうのもね、すごくありがたいなと」
光 「すごいですよね」
ま 「うん~」
光 「その~
ま 「きょうだいみたいな感じなんです。兄貴って感じ」
光 「へぇ~」
ま 「だから今回もそのバンドと一緒にレコーディングしたんだけど。なんか大学時代に戻ったみたいな」

光 「お話を伺ってると、ホントにこう、生活の、ま、一部って言ったら表現違うかもしれないですけど」
ま 「音楽をやることが?」
光 「はい。自然な流れの一部っていうふうに…」
ま 「ふぅ~ん」
光 「印象 受けますね、まりやさん」
ま 「あっ、私ね、78年にデビューした時に」
光 「はい」
ま 「それこそ毎日テレビに出たり」
光 「はい」
ま 「ま、アイドルがいない、その…なんだろう、1987年っていなかったんですよ。不毛な時代で」
光 「時期的に」
ま 「だからこう、アイドルの代わり、じゃないけど、そういうことを。私たちの次の世代から、聖子ちゃんとか俊ちゃんとか出てきたんだけど」
光 「はい」
ま 「なので私も、こうちゃんがやってるようなこう、いろんな歌番組も出てたんですけど」
光 「はい」
ま 「なんか自分と合わないんですよ。その、そういう…なんていうの」
光 「はぁ~!」
ま 「場の空気とか」
光 「ええ、ええ」
ま 「その活動の仕方が」
光 「はい、はい」
ま 「なんか、私は音楽をやりたいんだけど、なんか…歌じゃないもののために、なんかこう出ている感じがどうしてもして」
光 「う~ん」
ま 「なんか、家でひっそりと音楽だけやり続けていく方法はないかしら?って思って」
光 「ええ、ええ」
ま 「で、3年で活動をもうやめたんですよ」
光 「はい」
ま 「それで結婚して、子育てして、んで、子供育てながらやるには、家で時々、たとえば、あの中森明菜さんとか、河合奈保子ちゃんとかに曲書いて、彼女たちがレコーディングしてくれるっていうやり方、それが一番自然だったんで」
光 「うん~」
ま 「で、ある程度曲がたまった時に、達郎が、”じゃ自分でも録音すれば?僕が編曲するから”ってことで、アルバムを作っていく」
光 「へぇ~!」
ま 「だから、それ以上の活動はしないけれど、CDだけはそうやって5年に1枚とか、6年に1枚とかに作っていけば、そしたら音楽を無理してやらなくてもいい、じゃない」
光 「うん~」
ま 「すごく自然な、それこそ生活の合間の時間でためてって」
光 「うん~」
ま 「それで一番、自分には合っていて。それ以外の方法だと、やっぱり消耗してしまうんですよ」
光 「はぁ~!」
ま 「合わないっていうか、なんだろうね」
光 「いや~カッコイイですね、やっぱり」
ま 「かっこよくない、だから不器用なだけ」
光 「はははは~(笑)」
ま 「わがままともいう(笑)」
光 「(笑)いやいやいや、それができるってすごいなぁ」
ま 「だから、それだから逆に30年続けて来られたのは、あの~無理をしないでCDだけこうやって、コツコツやらせていただいてるんで。あとは達郎がツアーに出る時にね、そういうサポートするとか」
光 「うん~」
ま 「そのほうが好きなので」
光 「うん~」
ま 「うん、あの~こうちゃんのね、”Happy Happy Greeting”]
光 「はい」
ま 「あれ、私、コーラスやってんの」
光 「知ってますよ!もちろん」
ま 「知ってる?」
光 「知ってますよ!」
ま 「ははは~(笑)」
光 「だから、あれは あの、主メロ歌ってる人よりもコーラスのほうが豪華っていう(笑いながら)」
ま 「はははは~(笑)」
光 「だって、達郎さんとまりやさんがコーラスやってんだよ、あれ」
ま 「それであの時に、ジュニアだった山Pとね」
光 「はい」
ま 「二宮くんと、なんか歌がうまいと言われてるジュニアくんを5、6人、ジャニーさんが、この子たちでどうぞって言って、それで連れて来てもらって、で、それで私たちのコーラスとオーバーにして」
光 「ええ、ええ」
ま 「結構、豪華な」
光 「豪華ですよね、あれは」
ま 「Happy Happy Greeting」
光 「ねぇ~」
ま 「ねぇ」
光 「そうなんですよ」
ま 「そう、だからキンキのCDにもそうやって、ときたま参加させてもらいつつ。ねっ」
光 「いやいや~いや、またね、なんか機会があれば書いていただいたりとかね」
ま 「(笑)書けるじゃないですか、自分でね」」
光 「いえいえいえ、違うんです。だからさっきおっしゃったように」
ま 「ええ」
光 「自分で僕もあの~えっと、去年だっけな?アルバム出した時」
ま 「うん」
光 「ソロのアルバムですけど。あの~いろんなデモの曲を聞くと」
ま 「うん」
光 「いい曲、いっぱいあったんですよ」
ま 「ええ、ええ」
光 「単純に、別に自分が作ったものに拘らないで、いい曲がそこにあるんだから、これ、自分、歌いたいなって思ったんだから。その、自然に…」
ま 「それ、いいと思う」
光 「・・気持ちになろうかな~と思って」
ま 「そのほうが広がるし」
光 「はい」
ま 「それによってまた自分も刺激されて、また自分も違ったタイプの曲が書けるから」
光 「はい。そうですね」
ま 「たぶん、聞いてる人もそういうバリエーションがあったほうが」
光 「うん~」
ま 「楽しいんじゃないかと思うから」
光 「去年、それを思って」
ま 「へぇ~」
光 「アルバムを出したんですよ」

ま 「でもその、こうちゃんはそのDream Boyとかさ、滝沢くんのあのミュージカルだっけ?に」
光 「はい、はい」
ま 「曲を書いたりとか」
光 「ああ、そうですね」
ま 「人にも提供したりもしてるわけだから」
光 「そうですね、ジャニーさんに、”ユー、作ってよ”って言われて」
ま 「”ユー、作ってよ”だったの?(笑いながら)」
光 「はは(笑)、俺でいいの?って(笑いながら)」

ま 「いつもどうやって作る?ギターで作る?」
光 「ギターで作ることが、ま、多いですけど」
ま 「詞が先なの?メロディーが先?」
光 「あ、もう絶対メロディーですね」
ま 「メロディーが先」
光 「うん~」
ま 「ふぅ~ん、わりとマイナーメロが好きだよね」
光 「マイナーが大好きです」
ま 「ねっ、なんかやっぱりそうなんだ」
光 「メジャーの曲ってなかなか作れないんですよ」
ま 「うん~」
光 「なんか…単調になりがちになっちゃうんで」
ま 「リズムに工夫しなきゃいけないしね~」
光 「はい~怖くなっちゃうんですよ」
ま 「あぁ~でもたぶん、声にやっぱマイナーメロディーが合ってんのかもしれない。私のキンキの曲でいうと、もちろん硝子の少年もそうだけど、雨のメロディーとかさ」
光 「はい、はい」
ま 「あと、愛されるより愛したい、とかさ、ああいうの結構好きなんですよね」
光 「これは僕は忘れもしないのが、達郎さんに」
ま 「うん」
光 「キンキの二人は声がマイナーだって」
ま 「あ、そう言った。あぁ~」
光 「いうふうに言われたことがあって」
ま 「でも、ミュージカル、そのSHOCKとか見るとね、歌が進化したなぁってすごい思うね」
光 「ホントですか?」
ま 「うん! なんか自信満々で歌ってる感じする」
光 「いやいやいや、いや、自信なさげにできないんで(笑)」
ま 「”指に~♪”のあの時と、ちょっと違う声になってるね」
光 「あははは~(笑) いや、そう言っていただけると嬉しいですね~」
ま 「素晴らしいですよ、ホントに」
光 「いやいや」
ま 「なんかこう、18歳からこう、見守って来て、今、ね、30…え~4?」
光 「今、34ですね」
ま 「ねっ」
光 「はい」
ま 「これからまたさらに進化していくキンキキッズ」
光 「いえ、ありがとうございます、ホントに。 はい、というわけで、え~今日はですね、番組のコーナーをブッ飛ばして」
ま 「ふふふ(笑)、すいません。すごいイレギュラーになっちゃったね」
光 「それでもぜんぜん話し足りないんですけどね」
ま 「すいませんでした」
光 「え~番組のほうにもお便りお待ちしておりますんで、お便り送ってください。

光 「さぁ、というわけで、今日はさきほどもちょっとご紹介していただいた曲をかけさせていただこうかなと思いますんで、紹介よろしくお願いします。
ま 「はい、7月3日発売のわたくしの新曲です。『Dear Angie~あなたは負けない』」

  ♪ 『Dear Angie~あなたは負けない』  竹内まりや

光 「はい、というわけで、1週間、まりやさん、ありがとうございました」
ま 「ありがとうございました」
光 「すいません、本当に」
ま 「なんかごめんなさいね。いろんなことを失礼してしまって」
光 「いえ、とんでもないです。ホントに短い番組なんで。なかなかまだ話したりない感じですけど」
ま 「本当に。 またゆっくりおしゃべりしましょうね~」
光 「そうですねぇ。ま。改めて、この7月3日リリースされるこのシングル」
ま 「はい」
光 「え~ま、どういったシングルになってるのか、改めてお聞きしたいんですけど」
ま 「もうね、ひとことで言えば、ポジティブシンキングな~あはは~(笑)」
光 「ほぉ~そうですか」
ま 「まぁあの、ポジティブにいきましょうよ、いろんなことがあるけど人生、っていう感じですかね」
光 「いやでもなんか、今日、なんかホントにこうやってちゃんとお話しさせていただいたのって、え~ま、初めてに近いと思うんですよ」
ま 「お仕事ではそうですね」
光 「お会いはしてるんですけど」
ま 「うん~」
光 「なんかホントに、話してるだけでもポジティブにさせてくれるなぁというふうに」
ま 「そうですか~。私はでも、こうちゃんと話して、逆に元気もらいました」
光 「ふははは~(笑) いやいや、いやもう、褒め上手ですね、まりやさん」
ま 「いやいや、そんなことない。私、お世辞は苦手なんで」
光 「ほーんとですか?~」
ま 「ホント!ホント!」
光 「いや、なんか、すごくこう~話す相手に対してすごく気持ちをよくしてくださるので」
ま 「ありがとうございます」
光 「自然になんか僕も元気いただいちゃうし」
ま 「楽しかったです」
光 「いやいや、ホントにありがとうございました。でもなんかすいません、短くて」
ま 「いえいえ」
光 「ね、またぜひいろんな場面で」
ま 「また遊びに来させてくださ~い!」
光 「はい、よろしくお願いします。 はい、というわけで、え~お相手は、堂本光一と」
ま 「竹内まりやでした」
光 「ありがとうございました」
ま 「ありがとうございました」

********

二人の話す言葉を文字にするのって結構難しいですね(^^;)
大変だったけど、楽しかった~♪~

最後まで読んでくださったみなさん、ありがとうございました♪

それでは…グラビコンDVDを思いっきり楽しみましょう~♪~
 SHOCKドキュメントブルレイもね。
 ブルレイはやっぱり映像すっごく綺麗。
 綺麗な光ちゃんを満喫できる~ 
 そして、すき焼きのお肉がめちゃんこ美味しそう~(え!そこ!?笑)
10:47  |  ラジオ  |  CM(4)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2013年07月07日(日) 19:16 |  | コメント編集

●コメントありがとう

e-256 ○○ドさんへ

こんにちは。

こちらこそ、いつもありがとうございます♪
そのようにお声をかけていただけると励みになりますしとても嬉しいです(^^)

お二人の素敵なお話にほっこりと癒されますね。
似ている二人なのでお話も合って弾んで楽しかったです。

光ちゃんの作る世界は本当に素晴らしく素敵ですよね。
今回もノックアウトさせられました♪
もうもう大好きです!(ぽっ☆)

光一カンパニーのみなさんも素晴らしいですよね。
光ちゃんだからこそみなさん一緒に作り上げてくださるのでしょう。

ずっとずっとリピートしていたい気持ちになりますね。
そして、またさらに進化した光一ワールドを魅せてくれることを楽しみにしていましょう~♪~
けいこ | 2013年07月08日(月) 14:21 | URL | コメント編集

けいこさん こんばんは

長い長いラジオレポありがとうございました。
光ちゃんの真摯な態度、仕事に対する姿勢…大先輩からは可愛がられ、後輩からは尊敬され、化け猫ちゃん達からは愛され(笑)ている光ちゃん、最高❤

DVDは1回だけ見ました。なかなか時間がなくて…朝から晩までじっくり楽しみたいなぁ(^^)
桜 | 2013年07月08日(月) 20:39 | URL | コメント編集

●コメントありがとう

e-256 桜さんへ

こんにちは。

ありがとうございます♪
長い長いレポになりましたが読んでくださって感謝です。

本当に素敵な光ちゃんですよね♪
大好きです~(^^)~

DVDを全部通して見るのは難しいですよね。
私も通してはまだ1度しか見れていません。
でもそういう時間ができたらいつでも見れるのでいいですよね~
一日中、光ちゃんを満喫したいです!

みなさんと一緒に観賞会もいいですね~
大画面で大音量でみんなで大はしゃぎしたいな~♪~
けいこ | 2013年07月09日(火) 11:21 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

 | HOME |