FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2007'08.29 (Wed)

テレビジョン

ザテレビジョン今週号は、光ちゃんと中丸くんが表紙です。
光ちゃんの髪型、ふわふわ~としてとても素敵です。中丸くんともいい感じのツーショットで、いいなぁ~♪~(^^)。なんかこのふたりを見ていると癒されます(^^)。

中の対談と写真がこれまたいいんですよ。貴賓で上品な感じでとっても素敵です。
P14の上の写真の光ちゃんがとても優しい穏やかな微笑みで、キュン~ってなりました。その下の、鏡に写った感じにある下からのアングルがまたまた素敵なの(キュン)。本を逆さにしてみるとまたいいのよね(キュン)。とーーーっても綺麗なの。P15の写真も二人とも素敵です(キュン)。額に入れて飾っておきたい感じですね。キュンキュンばかりですみません~もうちょっと他の表現ができないのか!と自分でも思いますです(^^ゞ)。

【More・・・】





対談も二人の会話がとても微笑ましくて楽しいの。光ちゃんも楽しそうだし、中丸くんもいい味だしてていいなぁ。
中丸くんいわく、「光一くんが音楽の話をしているときは、すっごく色気がありますよ。特に自宅の音楽の設備はスケールがデカい!」っていうと、光ちゃん「それは色気じゃないだろ」って突っ込んだり(笑)。中丸くんは、「光一くんは基本的に王子なんだ」と思っていて、「プライベートでも何かが違う。まるで架空の人物です」って。なんかその気持ちわかるわ。この世に存在する人物をはるかに超越している感じがしてね、でもちゃんとこの世にいる光ちゃんなんですよね。でもやっぱり中丸くんの言わんとすることわかるわ(^^)。

光ちゃんは、それに対して「違うよ、ただのオタクだよ」って。実に光ちゃんらしいですよね。オタクな光ちゃんも大好きです。

銀幕版のお話もしてます。詳しくは、チェックしてみてくださいね←おいおい!(^^ゞ)。

女性自身でマッチさんのところで、光ちゃんのことを語ってくださっているそうですね。「自分がこれからやっていこうとする方向性とかが見えてきた感じ」みたいなことを。大先輩からのそういう言葉は嬉しいですね。そしてマッチさんといい関係が伺えて嬉しいです。
その方向性の中には、やはりぐるーぷさんのことも含まれているのでしょうね…。まぁ一人にならない限りは当然か…ですよね、私にはよくわからないぐるーぷさんですが(^^ゞ)。その中に、ソロ活動がたくさんあったらいいなぁ。たくさんあって欲しいなぁって思います。ソロでのコンサートやCDなどの音楽活動や舞台、SHOCK以外の舞台もあればいいな…とか、勝手に考えていますが(笑)。方向性のこととは違うんだけど、私が今やってほしいのは…ソロでね…音楽関係の番組をやってほしいの。

それはどんな方向性なのだろう?そこが気になるんだけど、何があってもどんなことでも、光ちゃんなら信じられるし、光ちゃんを信じてずっとついていきたいと思います。
13:43  |  雑誌  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

「女性自身」読んできました(買ってないけど^^)
マッチさんが「お酒を飲んでもおとなしい」「方向性とかが見えてきた感じでいい感じ」「悩みを相談をしてくる(俺でいいのかって^^)」って言ってくれていて ホント素敵な先輩後輩関係ですよね!
これからの方向性・・・ソロをもっと充実して欲しい!(願)
でも 光ちゃんの事だから もっと大所に立って考えているのかもだけど・・・・
音楽関係の仕事 いいですよね~!
(MステやMフェアみたいな番組の司会が いいと思うんですが どうでしょうか?)
私もけいこさんと一緒に 光ちゃんに付いていこうって思います♪
☆~♪光ちゃん大好き~♪~☆\(^0^)/
koko | 2007年08月29日(水) 16:05 | URL | コメント編集

e-483 koko さんへ
こんにちは。「女性自身」のマッチさんの言葉、嬉しいですね(^^)。お酒を飲んでもおとなしい…って、なんか想像できちゃいますね。悩み(?なんだろう?色々と考えちゃいますよねぇ…^^ゞ)を相談できるいい先輩がいてくださって、安心します。マッチさんも素敵な大人になりましたよね。
私が思うやって欲しい音楽番組はね、たとえば、30分でもいいから、ゲストをお一人お迎えしてお話して、1コーナー、光ちゃんが毎週歌ったり踊ったりするの。光ちゃんが歌い踊るのが見たい~~~♪~~~~~
けいこ | 2007年08月30日(木) 09:57 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

 | HOME |