FC2ブログ

青空にひとりごと

ソロ・光一さん大好き♪ 想いをのんびりまったり綴ります♪
2019年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年09月
TOP'08 Endless SHOCK ≫ 1月8日(火)13:00公演

1月8日(火)13:00公演

1月8日(火) 13:00公演の感想です。
ネタバレになりますので、大丈夫な方だけ続きからどうぞ~。

この感想と同じものを、HPの「Endless SHOCK(’08)」のページの日程表の日付をポチッとすると読めるようにもUPしています。






いよいよ私の観劇初日です。
今日は、このHPを見てくださっていた同県のお友達が誘ってくださって、一緒に上京・観劇です。
お正月でバタバタ日を過ごした後すぐに迎えた日でしたが、
やはり前日にはドキドキワクワクしてルンルン♪で支度をしていたようです(次女ちゃん:談)。

有楽町の駅を降りると、ホッとし、駅から帝劇へ向かう時も好きです。
毎回言っていますが(^^ゞ)、あぁ今年もまた帰って来れた・・・という気がしてあったかくなり、
もうすぐ光ちゃんに会えるんだぁ~と、ワクワクドキドキして来ます。

席は、2階A列サブセンターだったので、全体がよく見えて感激でした。

ストーリーは変わりなかったですが、随所に変更箇所があり、ネタバレをほとんど見ずに行った私は、
ドキドキワクワク、驚きと感動の連続でとても楽しめました。

光ちゃんはやっぱり最高に素敵でした。
凛々しくて、とてもかっこよくて、笑顔が可愛くて、本当に素晴らしかったです。
舞台に立つ光ちゃんのオーラは、本当にすごくて、眩しいくらいに輝いていました。
初日会見で、衣装がキラキラしてますね、というレポーターさんに
「僕が発していると思ってください」と言っていた光ちゃんですが、本当にそうでした。
光ちゃんから、眩しいくらいのキラキラオーラが発せられていました。
光ちゃんって本当に舞台・ステージで輝く人だなぁ・・と再確認しました。

[一幕]
・オーケストラピットの指揮者の光ちゃんが、くるっと振り返った瞬間、眩しいくらいに輝いて見えました。
光ちゃんは穏やかに微笑んでいるように思えました。

・So Feel~ 黒い衣装に変わっていました。マントは金色だったので同じかな?
フライングの時に片手でマントを持ってのフライングはとても綺麗。

・America~ ダンサーさんの衣装が変わっていたような気がします(^^ゞ)。ハットをかぶっていました。
ダンスもかなり前と変わっていました。手をくるくるさせる振り付けとかあったかな?
可愛い感じの振りもあって華やかでした。

・ロープグルグルのロープを回すのは、米花くん。すごく大変そう。
頑張っているんですが、うまく回れていない感じがしました。
着地の時、米花くんと、MADのたぶん福田くんがロープに飛び付いて、
もう一人(誰だったか確認できず)も端っこを持って、の3人がかりで止めていました。
ここで…あぁ秋山くんがいないんだぁ…とジーンと切なくなりました(泣きそう…)。
光ちゃんも片手を後ろに回して回っていた時もありました。
そしてこのシーンで、助け合うカンパニーの絆を感じました。みんな頑張って(^^)。

・殺陣 前回までとかなり変わっていて、今まで以上に物凄い迫力でした。
曲も変わっていて、すごく良かったです。
かなり見入ってしまって、その迫力から鳥肌がたち震えて涙してしまいました。
本当にすごかったです。時間があっという間に感じられました。

[二幕]
・亡霊のところ…声が右後ろから聞こえて来て、次は前方から、次は左後方から聞こえてくる~
という感じで聞こえて来ました。これは以前からそうだったのかはわかりませんが、
あれ?すごい!って思いました。

・オフに戻って来たオオクラのシーン…ここは今までなかった演出でした。
「追憶の雨」歌詞は変えています。オオクラのソロの歌とダンス。
途中から、後ろに誰かの姿が現れて、それはコウイチなのですが、
そのコウイチがオオクラの歌とダンスに途中から加わってデュエット。
…その歌とダンスがとてもせつなくて悲しくて、感動でした。ジーンとしてここでも涙です。
このシーン、すごく良かったです。
その後、コウイチは、病院でのリカが看護婦さんからネックレスを受け取るシーンの間を
スーッと消えていきました。この時のコウイチの衣装は、In the Cemeteryの衣装でした。
ここは、大倉くんの個性を活かしたシーンだったような気がしました。
より良い舞台にするために、出演者の個性を引き立たせるように
演出も変更するという光ちゃんがすごい!です。

・コウイチが戻ってくるシーン…お掃除おじさん?が、荷台?を押して出てくるのですが、
それがコウイチかと思っていたら、なんと!荷台に積んである箱の中から「ただいま!」と
大声で飛び出して来て、びっくり!!え!?って声を出しそうになりました(^^ゞ)。
本当に私、びっくりしちゃいました(苦笑)。

・コウイチ銅像(?)がピアノの上(だったかな?横だったかな?)初お目見え。
これ、双眼鏡で見ましたが、リアルそうで、リアルでない?(どっち!?)
可愛かったです(ここまで盲目…)。
さわると「Show must go on」って低ーい声でしゃべるんです。この声、かっこいい!
何度もさわって声を出させて遊ぶコウイチ。
「ショウマスト」 「ショウ」 「ショウ」 「ショ」 って(笑)。
最後はさわるふりしてフェイント。でもしゃべっちゃった~~(笑)。
「コウイチがいなくなったから買った(作った?)」とオオクラ。
コウイチが「いくらで?」って聞いたのかな?違うかも?(汗)
「いち、きゅー、ぱ(198)」と言って、場内爆笑。楽しかったです。

・コウイチが、ビリー隊長になり、何ポーズかみんなでやってみる。
腕をくるくる回すのも、光ちゃんすごく早かったです。かっこいい!!
みんな一生懸命。
息切れしているオオクラにコウイチが「もう息切れしてるのか?」とツッコム。
オオクラも「やっぱりだめだわ」と答える。本当に息切れしてハぁハぁしていた大倉くんでした。
場内爆笑で、ここも楽しいシーンでした。

・Why don't you~ 文句無しにかっこいいコウイチです。
ヤラたちのダンスの時、奥の台の上で見守るコウイチを双眼鏡でずっと見ていました。
(毎回、ここはガンミしちゃいます:汗)
真剣で厳しくて、時にフッとなる表情が大好きです。ここははずせないところです。
なので、ヤラと仲間たちのダンスは見てない・・ごめんなさい(^^ゞ)。

・パーカッション対決…今回も石川さんの出演は嬉しかったです。
前回は、ステージをぐるぐる回りながらでしたが、今回はそれはなく、ステージ中央での披露です。
また新しい演出で、二人の息があったまたさらに素晴らしいセッションでした。

・ラダーフライング…二階席の降り立つコウイチ。
前回は1階席の後ろだったので、どんな様子かわからなかったのですが、
今回はほぼ真横すごく近くで観れました。真剣なまなざしがすごく綺麗でかっこよかったです。
グッと歯を食いしばる表情も、もうなんと言ったらいいかわからないくらい真剣で大好きです。
降り立った瞬間、一瞬時が止まります。そして大きな拍手です。私も手が痛くなるまで拍手しました。
上手に、下手に、コウイチは見てくれます。
本当に光ちゃんはすごい!って再確認しました。

・夜の海…ヤラ、リカも加わって、全員での夜の海です。すごく良かったです。
2階席から見る群舞は本当に綺麗で見事ですね。一糸乱れない群舞です。
そのセンターにいるコウイチが、眩しくてせつなくて…><。
ラストでステージが一瞬暗転し、その後、コウイチが立っていますが、最後の力尽きて倒れます。
最後の力を振り絞って、力強く優しくせつなく・・・ここでもグッときて鳥肌、号泣でした。

ストーリー的には、こんな感じでしょうか。
もっと変更シーンとかもあったのですが、覚えてない…(情けないですねぇ…汗)。
毎年涙が出るのですが、今回は泣いてしまうシーンが多かったような気がします。
それだけ感情移入し、感激したのでしょうね・・・。

屋良くん…ライバル心むき出しで対抗心がすごく感じられてワイルドで良かったです。
ダンスも歌も上手い。ダンスは、今までのTOP2の人たちとは変えて、屋良くんらしかったです。
私の正直なところ、見に行くまでは、どうなんだろう?と思っていたんです(^^ゞ)。
ずっとコウイチのそばにいた仲間だったので、ライバル、というイメージで見れるのだろうか?と
少し不安でした。でもその不安はまったく感じさせない、むしろ、すごい!って思いました。
ただ、コウイチを慕っている感が、あまり感じられなかったのが残念でした。
ライバル心むき出しの中にも感じられる、慕っている感じ・・というのかな?それがね・・(^^ゞ)。
そして、好みでいうと、やはりトウマと、リョウが私は好きです。

リカちゃん役のRiRiKAさん…歌もダンスもお上手で綺麗でした。
ダンスは指の先までとても綺麗に踊っておられました。
これはもう本当に好みの問題だと思うのですが、
私にはちょっと印象、存在感の薄いリカでした(^^ゞ)。
コウイチ大好きさが私にはあまり伝わって来なかったのが残念でした。
私の中でのリカは、カンパニーの妹的存在で可愛らしいイメージがあって、
そこから成長して大人な感じになっていくリカというイメージがあったのです。
今回のリカは、最初から少し大人でしっかりした感じがあるように感じました。

大倉くん…オーナー役。最初登場してきた時の第一声が、ちょっとぎこちない感じがあって、
あれ?大丈夫かな?って心配になったのですが、話が進むごとにだんだんよくなってきました。
少し頼りない感じで可愛らしいオーナーさんで、大倉くんらしさが出ていてとてもよかったです。
ダンスも頑張ってました。
身長があるから見栄えがするし、きっとものすごく練習して努力したんだろうなぁ、と思いました。
一生懸命さ、頑張りが伝わって来て、頑張る子はやはり見ていて気持ちいいし、応援したくなりますね。
現に、ダンスのシーンなどは、ちゃんと踊れてるかしら?と気になって、
つい大倉くんを見ちゃってました。あ!光ちゃんを見なきゃ!って途中気が付いて慌てる私が(笑)。
これは、友人たち二人とも同じこと言ってました(笑)。
オオクラは、ヤラや仲間たちとは少し違った、ほどよい関係があって
(近すぎず、遠すぎず…オーナーという関係…ていうのかな?うまく言えない…)、良かったです。
ピンクのスーツも似合っていて可愛かったです。これから千秋楽まで全力で頑張ってほしいです。

大倉くんのピンクスーツで思い出しましたが、どこかのシーンで光ちゃんが
「ピンクスーツ」だか「ピンク」だか、大倉くんに突っ込んで言っていました。どこだっけ?(汗)

町田くんも元気に頑張っていました(^^)。
1幕の千秋楽にかんぱーい!のシーンで、シャンパンを飲みすぎたのか、
よろよろして酔っ払ってましたよ。演技が細かくていいわ~笑っちゃいました(笑)。

こんなに早い時期に観劇するのは、もしかしたら初めてだったかもしれません。
まだ写真販売もなくて、初日から三日目。この日に観劇できて嬉しかったです。
誘ってくださったWちゃん、本当にありがとうございました。
そして、今日の公演も感動で素晴らしかったけれど、
まだまだこれからもっともっといいものになっていくんだろうな~という期待がすごく感じられました。
毎公演ごとに進化するEndless SHOCKですね。

キャストが変わると、舞台自体もすごく新鮮で、変わるんですね。
また新しいEndless SHOCKに感じられました。
感動、感激で、またいい風がふいたんだなぁ~と清清しい気持ちで帝劇をあとにしました。
また会いにくるね~と心で思いながら(^^)。

光ちゃんは、本当に元気でキラッキラに輝いていました。
ラストの大階段上でのおだやかな表情がすごく綺麗ですてきでした。
充実した表情がまぶしいくらい素敵でした。穏やかであたたかい。
声もセリフ、歌、とてもよく出ていて素敵でした。ダンスもかっこいい!キレがあり、また、しなやか。
あぁ~これが本当の光ちゃんだよね・・ってしみじみ感じられて涙でした。
帝劇の座長はやっぱり、凛々しくて私の大好きな光ちゃんでした。

カーテンコールの挨拶で、
「先日500回を迎えましたが、最初はこんなに立てるとは思っていなくて、
これもみなさんのおかげです」
「大倉も新しく加わって、新しい風を吹き込んでくれた」
「一公演一公演を大事に千穐楽までカンパニー全員で走り抜けたいと思います」
「みなさんの拍手や声援をいただけて幸せです」
「この舞台に立たせていただけることが嬉しい」  こんな感じのことを言っていました。
本当に幸せそうなおだやかな笑顔の光ちゃんでした。
幸せそうな光ちゃんに会えて、私も幸せでした。

とても充実した素敵な幸せそうなお顔の座長で、素晴らしいカンパニーのみなさんでした。
舞台をよりよくしようとする姿勢がカンパニー全体から感じられました。
みなさん、この舞台が好きなんでしょうね・・すごく伝わって来ました。
全員一丸となって同じ方向を向いて同じものを目指して
素晴らしいEndless SHOCKを魅せてくれますね。
どうか千秋楽まで無事に走り抜けられますように心からお祈りしています。
本当にありがとうございました♪

今年もまたこのEndless SHOCKカンパニーに会えたこと、
帝劇に来れたことを心から幸せに思います。ありがとうございました。
'08 Endless SHOCK | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする